ウェアラブルセンサーって正直邪魔じゃない?使い心地検証!

ウェアラブルセンサーって正直邪魔じゃない?使い心地検証!

 

ツーブリーズは体に巻きつけるウェアラブルセンサーが必須です。
でも体に異物をまきつけるのって違和感ありそう・・・

 

という人のために使い心地をちょっと調べてみましたよ。

 

使える範囲は広め

まずウェアラブルセンサーを紹介。

 

 

こんな感じ。
それをこうしておなかに巻きつけます。

 

 

ちょっとふくよかな人はこれがそもそも巻けるのか、という不安があると思いますがセンサーは最大で130センチまで伸ばせます。
さすがにウエスト130センチはない・・・ですよね?
130センチ以上の人は使うことができないのでまずダイエットをしましょう!

 

締め付けすぎて苦しくならない?

大丈夫です。締め付けすぎると呼吸を感知できなくなります。
ぎゅうぎゅうに締めたら逆効果なんですね。
程度としては息を吐いたときに軽くフィットする程度で十分です。

 

締め付けのきつさはそんなにきにしなくても大丈夫ですよ。

 

冬に毛布とか羽織るときはどうするの?

これも大丈夫です。
センサーは無線で飛ばしてるので障害物があってもちゃんと感知してくれます。
公式にも

 

 

 

横向きやうつ伏せで寝たいんだけど・・・

横向きは問題ありません。
うつ伏せの場合はセンサーを上下させてマットレスと挟むことは避けましょう。

 

 

間に挟んでる呼吸を感知できないそうです。

 

寝てるときに邪魔になりそう

邪魔になったら外してしまっても大丈夫です。
要は寝てしまえば呼吸をチェックする機能も終了してるので外しても問題ありません。

 

 

そこでまた目がさえてしまったら新たにアプリを起動して呼吸を整えればいいんです。
とりあえず1ちド眠りに落ちるまではつけていればあとは自由に、ということですね。

 

 

 

どうだったでしょうか。
大体のセンサーの疑問はなくなったんじゃないでしょうか。
邪魔にならないように工夫をしてくれてるのでそんなうっとしいことはないかなと思いますよ。